21928LRFF13_0
 FF展の様子は色々な所で報じられているので省略します。

―インタビュー
 北瀬佳範プロデューサー、鳥山求ディレクター、上国料勇アートディレクター、阿部雄仁ゲームデザインディレクターへのインタビューより一部。

北:FF13-2制作当初から小説やDLCの構想があり、LRFF13もその一つ。FF13-2から繋がるライトニングサーガの完結編として制作を進めている

北:新しいゲーム体験が出来ると表明する為にこのタイトルになった

上:ロゴは北瀬氏が歴代FFと違う物にしたいとリクエストした事から変わった


鳥: 今回のコンセプト「ワールドドリブン」は造語。第1作はストーリーが引っ張るストーリードリブン、13-2はプレイヤーが物語を選ぶプレイヤードリブンを コンセプトにしていた。LRFF13は世界が刻一刻と状況を変え、その中のプレイヤーはどのように関わっていくかを決めていく。それがストーリードリブン

阿:時間経過がリアルタイムにあり、それで様々な変化が見られる。今回はクエストをこなしつつ物語を進めるが、その時間の流れがクエストの発生と進行に影響する

阿:1-2時間で1日経過という短いスパンを想定している。LRFF13は世界滅亡の13日前から物語が始まり、行動によって余命が増減するので人によって13日目に到達出来なかったりもする

鳥:ゲームオーバー後にアイテムを持ち越せるなどの要素は入れるかも。ゲーム自体は何度も遊べるような構造になると思う
阿:ゲームのボリュームも一度クリアするまで何十時間という物にはならない設計
鳥:ワールドドリブンには現実世界とリンクするという意味もあり、オンラインでユーザーが自然に入ってきてコミュニケーションを取る仕掛けがある
北:13-2のFacebook連携より踏み込んだ物になっている


鳥:LRFF13の世界は、FF13-2の最後で異世界ヴァルハラの混沌が現実世界に流入し、舞台となる「ノウス=パルトゥス」はその影響で世界が崩壊しかかっている。混沌の影響で人間の時間は止まり、歳を取らずに老衰では死なないという現象が起こり数百年が経過している

鳥:死なない人々は心が止んだり死の概念が変わったりしている

鳥:詳しくは話せないがこれまでのメインキャラも登場する

上:ノウス=パルトゥスのイメージイラストは初期イメージだが、エトロの神殿や遠くの天体など世界を構成する要素をまとめた物

鳥:ノウス=パルトゥスの元になる世界はグラン=パルスだが多くは混沌によって滅んでいる。最後に残された大地が冒険の舞台に。自然地形の大陸二つと都市型の大陸二つ、計4つで構成されている


上:光都ルクセリオは童話のような不思議な世界観や歪んだ異常性のようなものを表現したかった。終末に向かう世界というシナリオから、ゴシック様式が合うのではないかと思いデザインに反映させた

上:モノレールは、LRFF13では広大な世界を自分の足で巡るが移動手段として絵に入れた物が鳥山氏他に興味を持たれ、システムとして実装する事になった


鳥:ライトニングは世界をどうやって救うかが目的になる

鳥:セラについては、全てを救う為に旅立つとだけ言っておく

鳥:これまで1作毎に異なる神に焦点を当ててきたが、今回は「至高神ブーニベルゼ」の目覚めに関する物語になる。ルクセリオは新たな世界に生まれ変わる為にブーニベルゼを崇拝している街

鳥:ライトニングを完全復活させる為のプロジェクトなのでライトニングは一人で戦う。徹底的に彼女にこだわり、カスタマイズ要素も刷新している
阿:カスタマイズ要素として「スタイル」という物を導入している。装備や使う技を何パターンかセットし、任意に切り替えながら戦うイメージ。バトルではコマンドを選ぶのではなく、ボタンにセットされたアビリティが発動する物に

阿:ドレスフィアの要素を分解し、スタイルでは自分でジョブを構築出来るような形になる。かなり細かいカスタマイズが可能

鳥:バトルはアクションに近いが、ATBゲージはある
阿:ライトニング一人なのでより意識を一点に集中出来る。移動は自由に出来るし、タイミングが関わる遊びも入れたい

上:今回は生物的な敵も増やしている

鳥:ボスや強いモンスターとは1対1の濃密なバトルを構築している。部位破壊要素もあるかも
北:ライトニングもモンスターもモーションが増えているのでバリエーション豊かなバトルが出来る


阿:今回伝えた内容を出来るだけ実現出来るよう頑張る
上:グラフィック的にも集大成となるので、ノウハウを活かしデザインはゼロから沢山描き起こしている。ライトニングの質感も現時点でかなり綺麗になっている
鳥:開発度は30%程で、ライトニングがハッピーエンドを迎える最後の作品として製作を進めている。彼女自身が作り上げた伝説に立ち向かうような最大のシレンが待ち受けている

鳥:マルチエンドではないが、途中で世界の余命を迎えるとバッドエンドになる
北:ライトニングは2006年から長い付き合いになっているが、前作ではあまり出番が無かった分大活躍して貰うし総決算という事で幸せにしたい

 アルファ版についても触れられているが「解放者」ライトニングが連続殺人の犯人と目される人物を追う場面を扱っていたらしい。そこに登場していたのはやはりホープだとか。


まとめに戻る

テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
・PS3 11/1 テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き