遥が主人公になったりと様々な新要素があるようです。

―概要等

・12月発売予定
・価格未定

・総合プロデューサー:名越稔洋
・チーフプロデューサー:菊池正義
・プロデューサー/脚本・演出:横山昌義

・ 2010年の事件は意外な形で幕を閉じ、その後東城会は組織改革を行い、関西最大の組織「近江連合」と五分盃を交わす事で盤石な体制を取り戻しつつあった が…2012年12月、七代目近江連合会長が危篤に陥る。その死はつかのまの平和が終わり、東西の戦争が始まる事を意味し、組織の強化を迫られた東城会は 各地の古豪と手を結び、対近江連合同盟を作ろうとする。堂島は東城会のプライドをかなぐり捨てて福岡へと向かうが――

・福岡・永州街
・北海道・月見野
・大阪・蒼天堀
・名古屋・錦栄町
 が各主人公のスタート地点として登場。


―キャラクター

●主人公1「桐生一馬」
  桐生は遥と共に沖縄の「アサガオ」で穏やかに暮らしていたが…一人の女性が桐生の元を訪れた事が切っ掛けとなり、そこを去る事になる。2012年12月、 桐生は福岡でタクシーの運転手を生業とし、偽名を名乗り、素性を隠していた。しかし、街で起こった東城会六代目の突然の失踪を機に、再び伝説の龍として立 ち上がる事になるのだった。

●主人公2「冴島大河」
 かつて敵対組織の組員18人を殺した罪で25年を獄中で過ごした彼は、直系 冴島組組長として東城会に復帰していたが…傷害罪により懲役3年の判決を受けた冴島は、網走に向かいそれから2年、獄中生活に耐える冴島だったが、“家 族”と親友との“夢”を壊した人物を追う為に北海道一の繁華街、月見野へと飛び出す。

●主人公3「秋山駿」
●主人公4「澤村遥」
  蒼天堀に居を構える芸能事務所「ダイナチェア」、その敏腕女社長朴美麗に目を付けられた遥は、沖縄の施設から出て一年、歌やダンスの猛特訓に明け暮れる 日々を過ごしていた。しかし、事務所の関係者達を襲う事件が起こり、遥は恩人の夢を引き継ぐ為に芸能界の闇へと戦いを挑む。
 新規事業の為に大阪を訪れていた秋山は、そこに舞い込んだ悲報と事件の背後にある大きな権力を感じ、その謎を追い始め、遥と再会する事になる。

●主人公5「品田辰雄」
  不潔で無頓着で無神経、更に金にだらしない彼は名古屋の繁華街、錦栄町の雑居ビルで極貧生活を送る貧乏風俗ライターだった。15年前のプロ野球、9回裏に 代打で登場した彼はサヨナラホームランを打つが、直後に野球賭博に関与したと報じられ、球界から永久追放される。15年の時を経て、借金取りに脅されて二 束三文の仕事に出る品田だったが、帰宅するとそこには目深に帽子を被り、マスクをした男が待っていた。立ち去ろうとした品田だが、彼が口にした言葉「15 年前のサヨナラホームランの真相を調べて欲しい」との一言に足を止める。かつて天才と呼ばれた男が、その裏側を暴く為再びその手にバットを握る。


―インタビュー
 名越氏と横山氏へのインタビューより。

名・サブタイトルはテーマの根幹にも関わる部分。夢は大きなキーワード
横・夢にはポジティブな物だけではない、様々な捉え方がある。キーワードと主人公達の関わりに注目して欲しい

名・元々シリーズ初期は年末発売だったが、納得いくまで作り込みつつ出来るだけ早く発売出来る時期を模索した結果が12月だった

横・5都市での主人公達の生活する姿を丁寧に描いている
名・シナリオへの要望としては、より強いメッセージ性とスケール感を高める、という2点を出していたが、ダイナミックな脚本に仕上げてくれた

横・登場する全ての都市を神室町同様に細部まで作り込んでいる。神室町も従来よりレベルアップを図っている。制作は大変だが順調に進んでいる
名・プログラム面でもこれまでは難しかった改善をあらゆる部分に施している。バトルへの移行や終了の流れを見ても十分伝わると思う。過去作品に比べても劇的にテンポが良くなっている

横・遥はキャラクターとしては躊躇が無かったが、操作キャラとなると考える部分も多かった

横・バトルについては今後の公開となるが、街中では他の主人公と同様に遊びが出来る仕掛けを盛り込んでいる

横・新キャラの品田は今までの主人公とは異なるタイプで、弱音は吐くし危ないと思えば逃げる、ずぼらで頼りないキャラ。主人公っぽくなくも見えるが、信念は持っている。ユーザーの内、特に男性が感情移入し易いのでは

名・OTEはスピンオフ作品となる。見参のような物だと考えてほしい。オブジエンドというタイトルには、エンジンやシステムに区切りを付けるという意味もあり、龍が如く5は新・龍が如くという名前にしても良かった
横・新しい龍が如くを作る、とスタッフにも伝えていた

横・単なる龍4の後日談を作るつもりではなく、ファンの期待や想像を良い意味で超える新しい龍が如くを提供したい
名・ これまでのナンバリングの2倍以上の開発期間を取っているが、チャレンジしている事は2倍では済まないぐらい。スタッフは最後まで高いモチベーションを維 持して走りきってくれると信じている。熱い人間ドラマというエッセンスを薄めずに新鮮な驚きを沢山提供できる作品に仕上げるので期待して欲しい


―開発状況
 70%。これからもアッと驚く情報が満載であるとPR担当の渡辺氏。


まとめに戻る
龍が如く4 伝説を継ぐもの PlayStation 3 the Best
・PS3 龍が如く4 伝説を継ぐもの PlayStation 3 the Best