キャラクターとジャンル、主要スタッフ以外は大概不明です。

―概要等

・発売時期不明
・機種不明

・2012年発売予定

・プロデューサー:新川宗平
・ディレクター:山本雅博
 山本氏が所属する日本一ソフトウェアの子会社、カウンターストップが開発?
・キャラクターデザイン:いとうのいぢ

・主人公は「神様」になるらしい?

・日本一ソフトウェアの20周年プロジェクトは7/12スタートらしい

・20周年記念タイトル第2弾も予定、登場キャラのシルエットは細めで頭身が高いデザインか。正式公開は5月を予定


―キャラクター
 声優は不明。

●主人公「神楽坂レンヤ」
 年賀状に登場していた男性。「今日から神様になった」「特に気になるのが見た目とか」「俺なんかが運命を変えていいのか……?」などの台詞が紹介されている。

●「早乙女リリエル」
  年賀状に登場していた女性、DPS表紙にも描かれている。自称?神様の専属天使なのでご自由になさっていいらしい。「あなたを神様にしてさしあげますわ」 「神様のお仕事の範囲は森羅万象――宇宙人から、おとぎ話のヒロインの願い事まで多岐にわたり叶えることなのです」などの台詞が紹介されている。

●「西園寺ミザエル」
 銀髪で左右がレイヤーが付いたボブ、後ろの髪がロングの女性。自称元天使、一人称はボク。


―インタビュー
 いとうのいぢ氏へのインタビューより。

・セカンドノベルの劇中小説で挿絵を描き、更にディスガイア4のDLCキャラを1体描いた後に新作ゲームのキャラデザインをやってみないかという話をいただいた

・デザインでは持ち味やテイストを大事にして欲しいと言われた、細かな表現が出来る媒体なので、出来る限り絵を再現したいという話ももらった
・デフォルメキャラになっても意識しながら描いている

・メイン・サブキャラ共に各12キャラぐらいをデザイン

・デザインは天使や悪魔がモチーフだが、全体的にはライトな現代劇。天使&悪魔の衣装はメイドや執事やスーツだったりとか

・シナリオはコミカルな印象が強く、沢山登場するキャラクターの掛け合いが楽しめる物に。アクの強いキャラが多め


まとめに戻る
魔女と百騎兵 (通常版) (発売日未定)
・PS3 魔女と百騎兵 (通常版) (発売日未定)