―インタビュー
 4週連続特集の第2回は鳥山求ディレクターへの完成記念インタビュー。より一部を。

・日本版は先日完成し、現在は北米版、欧州版、DLCの作業がメイン

・2-3章にかけて大きな分岐があり、そこから自由度が高くなる。後半の自由行動が序章から楽しめるように
・アルカキルティ大平原にも行け、天候を変えると様々な変化が起こる

・歩いて探索しても良いし、早く進みたければチョコボに乗っても良い

・キャラやチョコボがジャンプ出来、前作のエリアも探索しがいがある。キャラのジャンプは後半に強化も

・同じエリアでも時代によってはっきりした違いがある

・本編のパズル要素はさほど難しくない。関係ないやり込みパズルは難しい物もあり、自分はクリア出来ない

・パズルは現在公開された3タイプが基本。ルールの組み合わせで難度が上がる物も


・物語はエリア毎に基本的に完結している
・1章辺り2-3時間で、日常の中で遊べるようにしている

・ロード時間はプレビュー時より改善されている。エリア開始時は少々長いが、開始後のロードは殆ど無い

・エリアの遊び直しは、強くてニューゲームではなく短いスパンで何が出来るか試せるようにする為
・ヒストリアクロスには「パラドクスエンディング」というイベントが多数有り、時間を巻き戻すと見られるかも

・様々な特殊エンディングが隠されているが、それを見た後もゲームは続けられる

・データを引き継いでラスボス戦直前のヒストリアクロスに戻る
・普通の「強くてニューゲーム」に近い形で遊ぶ事も可能だし、エリア単位の巻き戻しもやはり出来る
・2周目でないと挑戦出来ないパラドクスエンディングも多いのでクリア後も楽しめる


・育成は自由に育てられるように

・育て方でロールの育成順や最終パラメータが大きく変わる

・リーダーチェンジはリーダー死亡時の救済措置だが、駆使すると凄い事が出来るかも

・最終版では雑魚は気持ちよく倒せる一方でボス戦は難しい
・パラダイムシフトを駆使しないと即死するぐらい
・イージーモード切替はいつでも可能なので、勝てない時はそれを利用して欲しい

・エンカウントは敵を見付けたら積極的にアタックして欲しいのでそれに即した調整をしている
・敵に先制された際のスロウペナルティは無くし、リスタート不可のみになった

・モーグリクロックは何度も作り直した。最初はストレートのゲージだったが、色をモンスターの挙動に合わせるなど調整した


・モンスターは得意な魔法を覚えやすいなど特化されているので、別属性の魔法を継承させるなどは一つの手
・コマンドアビリティよりも最大10コマで習得出来る「特性アビリティ」の方が大きく影響する

・コマンドアビリティの継承は、モンスターのクリスタリウム成長度によって幾つ引き継げるかが決まる

・ロールが違うモンスター同士の強化による閃きは法則と条件がある

・モンスターの特徴にある「ゆるかわ」などの表示は愛着を持って貰う為。アクセサリや名前も沢山用意している

・モンスター成長用アイテムは入手しやすく調整している
・成長には進めるほどレア度が高いアイテムが必要になるので、大器晩成型モンスターを育てるのは大変。クリアだけなら成長タイプが早熟のモンスターがお勧め

・強化を生かして育てきると、モンスターの方がセラとノエルより強くなる

・アダマンタイマイクラスの大型モンスターはさすがに連れて行けなかった
・ベヒーモス系はアタッカーなど複数のロールがあり、3体揃える事も出来る
・前作のボスが何体か仲間になる

・シンクロドライブゲージが溜まっている時の方が相手がクリスタルになりやすいので、トドメで必殺技を使うのもあり


・DLCは海外版とは別に若いスタッフで独立したチームを作っている
・最初のDLCは「オメガ」で、モンスターDLCは基本ボス戦でコロシアムで戦う物

・コロシアムは本編では立ち寄らない
・DLCボスをクリスタルに出来れば仲間として持ち出せる

・オメガは最初のDLCなのでそこまで強くしないかも
・早い段階ではセラとノエルの衣装をリリースする

・予約特典は現在公開されている物で全て

・予約特典アイテムの配信は現在予定されていない
・特典武器は最初から使える物でそんなに強くないが、新しい武器が並ぶトリガーとなっているので最後まで使える

・その武器を材料とする強化型武器が登場する。最初は考えていなかったが、反応を見て最後まで使えるようにした

・通常の武器やアクセサリも、普通に買える物の他素材が必要な物がある
・アクセサリは、素材とした際に重量の違う重い物や軽い物などの上位版が変える

・DLCの価格帯は検討中
・無料のDLCを用意出来るかは制約が色々あるので確約出来ない
・パッチの特典にアイテムを着ける事は出来るかもしれない

・トロフィーや物語はDLCに関係なく作品内で完結している
・ヒストリアクロスに変化が起こるという物はある
・FFならではの大型コンテンツ追加も考えている

・DLCは来年の春頃までは予定がある
・2週間に一度程度の配信を想定している
・モンスター以外のエネミー追加も

・本編はストーリーを追うだけなら30-40時間、やり込み要素は多数有り

・前作セーブデータでアイテムや壁紙の特典がある



●曲について

・浜渦氏は前作やライトニングを中心とする部分を担当
・水田氏はノエルに関する曲を担当
・鈴木氏はテクノポップなど現代的なテイストを意識

・ボーカル曲は前作のサンレス水郷が好評だったので増加。歌詞も練った物に


まとめに戻る

FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
・CD 12/14 FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]