―概要等

・トップのイラストは女神と主要メーカー擬人化キャラが温泉に入っている物

・今号の付録にて、ゲーム内のネプギア専用アクセサリー「電撃ヘッドホン」が入手出来る。配信は9/8よりを予定

・その他、キャラクター相関図やシステムのお復習いも


―ファルコムちゃん
 七人目のメーカー擬人化キャラはファルコムちゃん。七人目?

・声優は神田朱未さん

・ゲイムギョウ界を旅する冒険者で困っている人を放っておけない。自身の冒険を「クリスティン漂流記」の名で出版している
・赤毛ショートにヘアバンド、ショートジャケットは特務支援課カラーの白とブルー、ファルコム曰くコーポレートカラーやドラゴンスレイヤーも取り入れた物でミニスカニーソックス
・特技は八葉一刀流剣術の我流アレンジで、ランディ曰くアリオスのおっさんと同じ技が使えるらしい
・苦手な物は船で、乗ると必ず嵐で沈没するらしい

・コンパイルハート曰く、老舗メーカーという事でさわやかセクシーなお姉さんキャラに
・ファルコムからのコメントでは、ファルコムちゃんの冒険小説「クリスティン漂流記」のプロットや登場人物、世界観設定まで考えたとの事


―稲シップさんインタビュー
 超次元人物インタビューPart2だそうです。一部を紹介

・驚かせたかったので受けたというのが一番にある

・IFとはこれまで関係がなかったのできょとんとしてしまったが、独立する時に「依頼された仕事は断らない」と決めていたので話を聞く事にした

・企画自体も二つ返事でokした。もしかしたらバカにしていると取れる企画でもあるし、誰も踏み込まないような事をすると言う事で

・稲船ソードは面白いと思った。ちょっと悪意を感じるデザインだが

・こういうキャラ主体のゲームはこれまで興味がなかったが、自分でも企画してみたくなった

・きつめの女性がタイプ


・公式の人生相談は真面目な物が多くて真剣に答えた
 等。

 他、はみ出しでDPSからの相談もあり、

・1000号を目指すには業界と盛り上がっていくのが大事、600号辺りで大きな山がやってくると思うのでどう方向性を変えるのか云々
・企画にはコンセプトをもって自信を持って言い切るのが大事
・彼女を作るには自信を持ってどう個性をアピールするか。下心を見せず、安心させてあげれば相手も好きになってくれるはず
 で見出しが「心を開けば股も開く」になってるのはどういう事なのか…

―レビュー
 敬称略。
 レビューは全文ではありません。

 レビュアーは左から梅津爆発、YU、カワチ、ウォルフ中村。
 80(赤) / 85 / 85 / 65

・ OPからEDまでオタク&パロディネタの嵐。がすとちゃん文鎮や水着を逆に着るなんてのは序の口で、例に出すのが怖い気がするネタも多数。その手のネタが 好きな人には間違いなくご褒美。テンポは前作より大幅に向上しストレスなく遊べる。ダンジョン内の変化が乏しくボスの行動がワンパターンなど作りが甘い部 分もあるが許容範囲。イベントCGがもう少し多くてイベント回想があれば個人的には文句なしだった(梅)
・パロディなどの小ネタが至る所に仕込ま れている。ゲームに詳しければ詳しい程ニヤリとする場面も多い。序盤で説明が入りシステムや操作が分かりやすく親切。ボス戦の難易度が高く、レベル上げを しないと厳しい。シンボルエンカウントでテンポも良くなっている。前作キャラの説明があまり無く、前作未プレイだと人間関係が分かりにくいかも(YU)
・前作より全てにおいてパワーアップしている。バトル部分はコンボを叩き込む爽快さと位置取りを考える戦略性を兼ね備えてグッド。ストーリーもしっかりしているし、キャラの会話もテンポが良い。敵やゲハピクにそのまますぎるのがいるのは危険な気が(カワチ)
・ コンボが自由に作れ、シンボルアタックで先制&SPボーナス、後衛のサポート、AVGパートの機能は良く、ライブラリーの充実やダンジョンでのイベント発 生場所が分かるのも○。戦闘の癖は強めで、戦闘中にボタンの役割が変わる、アイテム使用もポイント消費、カメラ視点が微妙。クエスト受注時に手持ちアイテ ムの確認が出来ない、物語を進める為に同じ街に何度も入る、購入時に武器の攻撃範囲が分からないなどが残念。魅力的な要素がある一方でまとまりに欠ける印 象(ウ)

 バイヤーズガイド:A
Good:前作キャラも使えるようになるのがファンには嬉しい、パロディネタが面白い、敵にコンボを叩き込める戦闘は飽きない
Bad:ダンジョンの構成が単調で仕掛けのバリエーションも少ない


●まとめに戻る
超次元ゲイム ネプテューヌmk2 (限定版)予約特典 ビジュアルファンブック 付き
・PS3 8/18 超次元ゲイム ネプテューヌmk2 (限定版)予約特典 ビジュアルファンブック 付き

電撃 PlayStation (プレイステーション) 2011年 8/25号 [雑誌]
・8/11 電撃 PlayStation (プレイステーション) 2011年 8/25号 [雑誌]