敬称略。レビューは全文ではありません。


 ▼その1
 レビュアーは左(上)から梅津爆発、YU、ゲスト1、ウォルフ中村。


PSP「最後の約束の物語」 : 75 / 75 / 95(千歳、赤) / 75

・敵対心で敵の攻撃を誘導しつつ、スキルを駆使してボスを攻略するのが楽しい。作戦が完璧に決まって無傷でボスを倒すと気持ちいい。スキルが揃うまでは物足りなかった。雑魚戦は倒し方を覚えると単調かつ操作が面倒で疲れる。ショップなどが一カ所にまとまっていない、属性や状態の説明がほぼ無いなど全体に不便(梅)
・難易度ノーマルだとかなりシビアで驚いた。同じマップが多い。会話が入るとマップが消えるのが不便。序盤の展開が早くて感情移入しづらい。もう少し平和な頃のキャラクターを描いて欲しかった(YU)
・システム自体は分かりやすいRPG。そこに敵対心と絶妙なバランスが加わってバトルが楽しめる。物語やキャラも好みで久しぶりに大満足な一本(千歳)
・ロストの為に緊張感がある。回復役が狙われやすいが、スキルを使えば効率良く戦える。ワープ機能やマップにイベント場所表示も○。カーソルを合わせるとスキル説明が出るのは便利だが説明不足が多い。メンバー変更時に名前のみ表示、全体魔法が後列に効いているのか分かりにくい、カーソル位置記憶設定がない(ウ)


PSP「どきどきすいこでん」 : 60 / 65 / 75(カワチ) / 50

・着せ替え脱衣おさわりなどの単語が並びある意味潔い。がイラストもテキストも演出もあまりエロくない。着せ替えと立ち絵が戦闘中しか見られないのは面倒。テンポが悪くロードが長い、バックログやオートなどAVGの基本機能が無い、CGモードもない、COMの思考が悪いなど不満点がかなり多い。システム自体は対人戦ならそれなりに楽しそう(梅)
・シナリオは凄く王道。女の子が自然に動いてびっくり。スキップやバックログが一切無く不便。キャラ毎にボイスの音量が異なる。システム説明がゲーム内でもう少し欲しかった。キャラが多くなればなるほどテンポが悪くなる。演出スキップや簡易モードがあれば良かった(YU)
・ストーリーは一話完結型でテンポの良いアニメを見ているかのよう。バトルはフリーレベル上げで詰まる心配は無い。二周目に全ての要素が引き継げる。バトルのテンポが悪い、敵の種類が少ないのは残念。ストーリーも分岐が少ない(カワチ)
・自動ローテーション、服装に特殊効果がある物も、着替えに時間が必要などシステムは興味深い。がテンポの悪さが。味方がレベル1で仲間になりレベル上げやアイテム集めも必要なので辛い。IPが無いとアイテムが使えない、敵の情報が分かりにくく戦略が立てづらい、カーソル初期位置がアイテムやスキル使用前提など微妙。AVGパートの操作性にもクセがある(ウ)


PSP「AKIBA'S TRIP」 : 80 / 75 / 85(wally,赤) / 65

・実名の店舗が多く想像以上に秋葉原。売買以外の事が出来る店舗が多ければ更に楽しい。絵売りやメイドが動き回っているのは楽しい。物語も興味深く、最後まで一気にプレイ。バトルは敵味方大別して三種類しか動きが無く単調。アイテムが拾いにくい、敵が多い時の処理落ちも気になる。劇中劇アニメが見たくなった(梅)
・服を脱がすというとエロいが割と普通のアクション。派手な技が無くバトルは地味め。色んな所に店があるが、マップが無いのでどこに何があるのか分からない。ツイッター風の「ぽつり」はメッセージが早く流れてやや読みにくい。イベント早送りやスキップは便利、引き継ぎもあるのは○(YU)
・アクションの動きが滑らかで、売りのストリップアクションも簡単操作なので爽快感が高い。難易度を下げれば得意でない人もさくさく楽しめる印象。やり込み要素も多い。複数の敵と戦う際に狙った相手に攻撃を当てにくいのが難点。設定にぐっと来たら遊んでみて欲しい(wally)
・秋葉原の再現性は高く、バトルはシンプルながらそこそこ楽しめる。小目的が常にあるのも良いし、称号も面白い。ソート機能が一部でしか使えない、ページ送りが無くカーソル移動が長引きがち、フィールドに引っ掛かる事があるのは残念。カメラは特に残念で、動かせる範囲に制約があり障害物で敵と主人公が完全に見えなくなる事も。乱戦時に服装によっては主人公を見失う事もあった(ウ)



 ▼その2
 レビュアーは左(上)からはたーる、とかちや、ゲスト2、城イドム。


PS3「SOCOM4: U.S. Navy SEALs」 : 80 / 85 / 80(hororo) / 90(赤)

・オフは通常と雰囲気の違う潜入パートがあり、まずまずのボリュームと満足感。突撃と狙撃で別の指示が出せるのは楽しい。指示を出さなくてもそれなりに戦ってくれるし、指示に徹するプレイも可能。オン対戦は白熱した戦いが楽しめた。協力プレイはもう少しルールが多く、全ステージで出来れば良かった(は)
・一人用の難易度はやや高い。その分敵を一掃できた時の気持ちよさはかなりの物。チェックポイントが多くリスタートも早いのでストレス無しにプレイできる。敵を倒す以外に潜入もあり、飽きにくい。マルチモードはチームプレイ重視で、武器が追加されるのでやり込み甲斐がある。ラグも特に気にならず(と)
・他のSTGに比べると体力が低めで突撃プレイは厳しい。シングルでは部下の動かし方が重要でよくある物とは別物。オンラインはメジャーなルールは揃っていて、死んだら復活出来ないルールは独特の緊張感がある。全体的に地味なのが惜しい。あとSEALsが特に活躍してない(hororo)
・オフラインだけでも十分な出来映え。完成度は安定して高く潜入任務などが適度なアクセントになっている。ステージを違う状況で遊び直せるカスタムモードもあるが劇的には違わず、もっとボリュームは欲しかった。これだけなら80点だが、オンラインは最高に面白い。ツボを押さえたマップ構成など隙が無く、長く楽しめる手応えが感じ取れた。メインは対戦だが協力ミッションも普通に楽しめる(城)


PS3360「エルシャダイ」 : 75 / 80 / 85(サガコ,赤) / 80

・他と一線を画す抽象画のような映像はかなり見応えあり。HUDが無いのもプラスになっている。ゲームは戦闘が少なめで移動メインとなるが、武器が三すくみなので敵も3タイプなのは少し飽きやすい。リトライは何度も出来るが、落下死が多かったりアクションなどある程度慣れている人向け。二周目はスコアアタック的に楽しめて○(は)
・移動6:戦闘4ぐらいの割合。謎解きはほとんどない。物語はルシフェルが面白い。リトライはすぐ出来るのでストレスはほぼ無い。攻撃が1ボタンでアクションパターンが少ないのは不満。カメラが固定で狭い足場に着地しづらい(と)
・メトロポリタン美術館(曲)のように絵画に閉じ込められたような感覚が味わえる。アクションは上手くなれば踊るようなモーションが実現できるが、説明不足で特殊攻撃を使いこなせないと単調。物語は難解かつ伏線未回収の感が否めない。徹底した世界観重視とビジュアル、超展開から受ける刺激は言語に尽くしがたく、語る為に遊ぶ価値がある(サ)
・95点か70点か、評価が二分されそうな類例のない奇作。ACTとしては当たり判定など基本丁寧な作りだが爽快感は今一で展開は淡々としすぎ、操作する魅力は物足りない。が、絵や音や独特の台詞になる世界観はゲームの枠を超越している。普通のACTとしては不向きだが、超空間を感じ入る作品としては最高傑作の一つ(城)

まとめに戻る


どきどきすいこでん 特典:ダウンロードコード(ポストカード2枚のうち1枚に印字)付き
「どきどきすいこでん 特典:ダウンロードコード(ポストカード2枚のうち1枚に印字)付き」(Amazon)
アイレムソフトウェアエンジニアリング
PSP
参考価格: ¥ 6,090
価格(公開日現在) : ¥ 4,940
OFF : ¥ 1,150 (19%)
2011年5月12日発売予定

 
電撃 PlayStation (プレイステーション) 2011年 5/26号 [雑誌]
「電撃 PlayStation (プレイステーション) 2011年 5/26号 [雑誌]」(Amazon)
アスキー・メディアワークス
価格(公開日現在) : ¥ 650
2011年4月28日発売予定